兼城悦子プロ プロフィール
1964年10月18日生  東京都中野区出身
東洋英和女子大学卒
主な戦績
1980年 インターハイ単優勝
1983年 ジャパンオープン単優勝
1985〜87年・89年 全日本選手権単優勝
1988年 全豪、ウィンブルドン3回戦

(2017年来秋時)
1980年代、日本の女子テニス選手が世界ツアーに挑戦する道を
初めて切り拓いた名選手です。
全日本選手権は3連覇を含む4度の優勝、国際大会のジャパン
オープン、ボーデンクラシックで優勝しました。
1988年にはシングルスで自己最高の世界26位に。
プレースタイルはオールラウンドで、特にスピード感のある
サーブ&ボレーには定評がありました。
1983年から89年までフェドカップ日本代表、1990年の
ウィンブルドンで現役を引退しました。
2001年、2002年はフェドカップ日本代表チームの監督、
現在はジュニア育成に力を注がれるとともにヨネックスアドバイ
ザリースタッフとして、テニス振興活動を行っています。