第7回東エリア研修会
「テニスプレーヤーの為の体幹トレーニング」
2016年3月3日(木)
於 ナショナルトレーニングセンター
講師 玉乃 真理子 氏
参加者92名


玉乃 真理子講師
全身怪我なく長くプレーできるためには・・・


体の柔軟性 開脚で130°開くことができたら柔らかい。
練習に入る前30分の準備運動(試合前は1時間必要)
トレーニング方法
こぶしひとつ分足を開いて立ち、ひざを曲げ伸ばし上下10回、
左足上げて上下10回、右足上げて上下10回
腹筋
両膝を立てて座り、両手を頭に、ゆっくり背骨の下から順々につくように下ろす。
同じように上げる。
足の指のトレーニング
親指10回上げ下げ・親指以外10回上げ下げ・指全部上げて小指から親指へ順番に下ろす・
親指を開く・小指を開く。
目のトレーニング
両手の親指を立て、顏正面で両手の親指が見える限りぎりぎりまで腕を開き、
20秒間目を左右に動かす。何往復できるか数える。
いつも飲んでいる飲み物を飲んでから同じ動きをしてみる。
往復回数が増えたら飲み物があっているので試合中に飲んだ方が良い。
他、腕立て伏せ等、いろいろあります。詳細は、玉乃真理子氏のYouTubeで紹介しています。

体幹トレーニングをすることで、怪我が少なくなりスムーズな動きでプレーするようになり、長くテニスを続けていくことができます。練習前や雨天時のトレーニングにぜひ取り入れましょう!!
                                  
(レポート high)